ライフ

オープンワールド型RPGは「シングルプレイが一番」の声

 自分の思うがまま、好きなようにプレイできるので、難しいことを考える必要もなく楽しめると思います。代表的なタイトルとしては『The Elder Scrolls』シリーズ、『Fallout』シリーズ、『グランド・セフト・オート』シリーズ、『アサシンクリード』シリーズ、『ウィッチャー』シリーズなどがあります」(大塚氏)

 オープンワールド型RPGは、コストパフォーマンスの面でも優れているという。

「タイトルによってプレイ時間はいろいろですが、オープンワールド型のゲームであれば、ボリュームが少ないものなら、ストレートにクリアするだけで20時間くらい、ボリュームが多めのものなら50時間くらいでしょう。そして、ここから熱心にやりこんでいけば、100時間くらいはプレイできる。さらに、完全にやり込むのであれば、200時間も300時間もプレイできると思います。

 特に、発売から数年経っても人気を継続している『Fallout 4』や『ウィッチャー3 ワイルドハント』といった大作であれば、ボリュームもたっぷりで、ソフトの価格は7000円くらいです。中古であればもっと安く買えますし、1万円以下でこれだけ長時間遊べるという意味では、とてもリーズナブルな趣味と言えると思います」(大塚氏)

コンプリートを目指して黙々とプレイする

 都内に住む30代会社員・男性Aさんは、シングルプレイのオープンワールド型RPGの大ファン。常に何かしらのタイトルをプレイし続けているという。

「かれこれ10年以上、オープンワールドRPGをプレイしています。基本的には、全要素をコンプリートするまで、1つのタイトルをプレイすることが多いです。オンラインでの対戦や協力プレイは一切やりません。オンラインモードがあるゲームも、そのモードは完全に無視して、シングルプレイをひたすらやります」(Aさん)

 Aさんが、シングルプレイに徹する理由は、ゲームの中ではとにかく「自由」でいたいからだという。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。