マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

人生100年時代に備えた「年金制度の抜本改革」3本柱の中身

2020年4月23日 16:00 週刊ポスト

年金が2倍に

 第2の改正は、年金の「繰り上げ」と「繰り下げ」を選択しやすくなるもの。

「年金を65歳より早くもらう繰り上げを選ぶと、毎月の受給額が減らされます。現行制度では60歳まで繰り上げると受給額は30%減額されるが、改正で減額率が見直されるとすれば、60歳受給でも24%減となる」(北山氏)

 年金月額16万円の男性の場合、65歳から平均寿命(約82歳)までの年金総額は約3264万円。これまでは60歳繰り上げを選ぶと年金月額11.2万円に下がるため、82歳までの総額は約300万円も少なくなる。これが「年金は早くもらいたい」と思っても繰り上げを選びにくい理由だった。

 しかし、改正後は60歳繰り上げの年金月額が12.16万円、82歳までの総額は約3210万円となり、65歳受給を選んだ場合と平均寿命までの総額はほぼ同じになる。

 一方、現在は70歳までの繰り下げが、新制度では75歳まで、受給開始を遅らせられる。その場合、受給額が84%増える。夫婦どちらかの年金を繰り下げて「約2倍に増やす」など、家計の状況や働き方によって、年金のもらい方の選択の幅が大きく広がる。

 第3の改正は、厚生年金の加入要件拡大だ。現在、夫の扶養家族になっているパート妻(第3号被保険者)の多くが、これからは厚生年金に加入を求められる。

「保険料の負担が生じ、扶養に入りづらくなりますが、夫婦の年金を増やせるチャンスでもあります。女性は今年55歳になる人まで厚生年金の特別支給をもらえる世代です。女性の方が平均寿命も長いため、パート勤務なら厚生年金に加入し、特別支給の年金をもらいながら働くのが有利になる。今回の年金改正は女性にとってメリットが大きいといえます」(同前)

 この他にも、表のように「年金生活者支援給付金」や「加給年金」など申請することで年金を増やす方法は数多くある。

※週刊ポスト2020年5月1日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。