マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

コロナで変化 購入する飲み物が「大容量化」した人たち

2020年5月6日 16:00 マネーポストWEB

 休日の外出時には、しょっちゅう自販機で缶コーヒーやコーラなどを購入していたというBさんだが、最近ではそれもなくなった。

「外出するとついつい買って飲んでいましたが、外出自粛でそれもなくなり、節約にはなっている気がします」(Bさん)

 子どもがいる家庭にも、飲み物購入時の大容量化が進んでいるようだ。30代の女性・Cさんもその一人だ。

「子どものため、自販機やコンビニで350mlや500mlといったジュースを時々買っていました。今は出歩かないので、そういったところで子ども用の飲み物を買うことも全くない。ペットボトルは買うとしても2リットルのジュース。小さいサイズは本当に買わなくなりました」

 大容量化は水やお茶だけでなく、アルコール関連商品でも例外ではない。30代男性会社員Dさんは、アルコールとそのための炭酸を買い増した。

「家飲みの回数が増えたので、ウイスキーの業務用4リットルボトルを買ってしまいました。いちいちスーパーやコンビニに買いに行くのは感染リスクもあるし、ネット通販でも何度も買うのは面倒なので。それとともにハイボール用の炭酸の消費も格段に増えました。夫婦で飲むので、これも大容量サイズを買っています。消費が激しいので、もはや炭酸メーカーを買おうか本気で考えています」

 外出自粛に合わせて変わる消費者ニーズ。購入する飲み物の「大容量化」もそのひとつといえそうだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。