マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

やっぱり市販品が一番? 「手作りマスク」が苦手な人たちの言い分

2020年5月11日 15:00 マネーポストWEB

 30代の女性会社員・Bさんは、マスク不足が深刻化していた3月下旬ごろ、同僚から手作りマスクを3枚もらった。「ありがとう」と笑顔で受け取ったが、本音は違った。

「受け取りを拒否するのはさすがに悪いと思ったので、その場では受け取りました。でも、そこまで仲がいい人でもなかったし、私以外にも配っていたので、おみやげをやたら配る“好感度上げ”みたいな感覚なのかな、と思いました。正直、気持ち悪かったです」

 Bさん自身、マスクのストックは底をつきそうだったのは事実。だが、在宅勤務になった夫や、義母が手作りマスクを作ってくれていた。

「夫は素手ではなく使い捨てのビニール手袋で作業していました。それを直接見ていたので、安心感はあります。義母からのマスクは気持ちはありがたいのですが、いかにも古着で作ったもので、少し困ってしまいました。よく洗って使おうかなとは思っていますが……」(Bさん)

 20代の男性会社員・Cさんは交際中の彼女から手作りマスクをプレゼントしてもらった。「おそろいのマスク」だという。実に微笑ましい話だが、Cさんの気持ちは複雑だ。

「手作りは重いです……。それなら、市販のお洒落なマスクが欲しかった。でも、僕の友人も同じ経験をしている人がいるのですが、彼はとても喜んでいました。SNSでも、彼氏・彼女にマスクを作ったとか、作ってくれたという投稿は多いようです。2人が楽しんでいるならいいと思いますが、僕の場合、マスクは自分のつけ心地がいいものがいいですね」

 市販のマスク不足の中で知恵と工夫で生まれた手作りマスクだが、もらうと複雑な思いをする人もいるようだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。