マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

新型コロナの治療は原則自己負担なし 健保によっては付加給付も

2020年5月15日 7:00

 さらに、加入している健康保険によっては高額療養費制度に上乗せして払い戻してくれる「付加給付」がある。

 たとえば月収(標準報酬月額)が26万円以下の人は、高額療養費制度による自己負担限度額は5万7600円だが、さらに付加給付のある健保に加入していると、自己負担限度額が2万5000円といった水準まで減額されることが多い。付加給付があるのは大手企業などに多い健保組合に限られ、中小企業が加入する全国健康保険協会(協会けんぽ)や自営業者などが加入する国民健康保険にはないが、対象者は使わない手はないだろう。

 また長期入院となり療養病床に入院した場合、65歳以上の人なら所得に応じて生活療養費(食費・居住費)が自己負担上限額までになる入院時生活療養費が適用される。

 こうした多岐にわたる「医療費を払わずに済む仕組み」を把握し、使える制度・特例はすべて使っていくことが大切だ。

※週刊ポスト2020年5月22・29日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。