マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

定期保険か収入保障保険か 選ぶ基準は「子供の有無と年齢」

2020年5月21日 15:00

今後の大きな出費の予定などによって最適な保険は異なる
今後の大きな出費の予定などによって最適な保険は異なる

 まとまったお金を受け取るか、支払う保険料の安さで選ぶか、迷うところだが、横川さんによれば、選び方の基準は「子供の有無と年齢」だという。

「まだ独立していない子供がいるなら、定期保険と収入保障保険を“併用”してもいいでしょう。もしものことがあっても、学費などの大きな出費は定期保険で、日々の生活費や遺族年金で不足する分は収入保障保険で賄える。定期保険だけだと保険料が高くなるし、収入保障保険だけでは大きな出費があったときに心もとないので、両建てで備えておくのが堅実です」(同)

 一方、ファイナンシャルプランナーの長尾義弘さんはこうアドバイスする。

「子供1人を育て上げるのに必要な資金は約3000万円ほどだとされます。子供がいても、充分な貯蓄があれば保険に入る必要はありません」

 いずれも掛け捨てで、加入期間が長いほど支払う保険料の総額も多くなるため、子供が独立したらすぐに解約するのがベストだろう。

※女性セブン2020年5月21・28日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。