マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

コロナ失業でも頼りになる「雇用保険」、失業手当増やす裏ワザも

2020年5月13日 16:00 女性セブン

意外と知らない!雇用保険4つの保障
意外と知らない!雇用保険4つの保障

退職理由が「自己都合」か「会社都合」かで大きな違いも

「お得」の理由は保障内容のカバー範囲の広さにある。

「メインは失業保険と呼ばれる基本手当(失業手当)と、求職申し込み後にけがや病気で働けなくなった際に受けられる傷病手当などの『求職者給付』です。それ以外にも、介護や育児で仕事を休む人のための介護休業給付や育児休業給付などの『雇用継続給付』、在職者や退職して原則1年以内の人が講座受講や資格取得の費用を出してもらえる『教育訓練給付金』、ハローワーク経由で就職した人の引っ越しなどの移転費を負担してくれる『就職促進給付』と、合わせて4分野の給付が用意されています」(井戸さん)

 コロナ禍で倒産や解雇が相次ぐいま、失業保険にも気を留めるべきだろう。もしいま、あなた自身や配偶者がそうした局面にあるなら、最悪の状況のなかで最大限もらう努力をした方がいい。失業や転職をはじめとした職業生活全般に詳しいジャーナリストの日向咲嗣さんはこう語る。

「まず留意するべきは、退職理由を“自己都合”か“会社都合”かを確認すること。会社都合の場合、例えば45才以上60才未満なら、20年以上勤務していれば最長330日支給され、1年以上5年未満でも180日受け取れます。一方、自己都合では年齢に関係なく、20年以上勤務実績があっても150日しかもらえず、10年未満なら90日までに限られます」

 なかには会社の事情で退職せざるを得なかったものの、「自己都合」とされていたケースも。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。