マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

苦境のパチンコ業界 人気機種の設置期限延長は救世主となり得るか

2020年5月22日 15:00

 旧規則機の設置期限延長はホールにとって、様々な意味を持つようだ。

「新型コロナウイルスの影響で売上が下がっているホールにとって、設置台数が多い旧規則機を撤去して、その代わりに新台を導入するのは、コスト面での負担が大きい。その出費を先送りにできるということです。また、入れ替え時に業者や従業員が感染する危険性を指摘する声もあり、感染防止という点でも一定の意味はあると思います。

 旧規則機のファンを逃さないという効果だけでなく、新規則機への移行期間が伸びるという点でのメリットもあります。向こう1年間で、人気を獲得するような新規則機が登場すれば、旧規則機のファンを繋ぎ留めることもできるかもしれません」(藤井氏)

設置期限延長にユーザーは何を思う

 旧規則機の設置期限延長について、パチンコ・パチスロユーザーはどんな感想を持っているのだろうか。

 神奈川県に住む会社員Aさん(30代男性)は、休日や仕事帰りに、週1~2回ほどパチンコを打っている。

「私は基本的に『北斗無双』しか打ってないので、設置期限が延長するのは単純に嬉しいです。『北斗無双』がなくなったら、パチンコをやめようかなと思っていましたが、とりあえずもうちょっとパチンコを楽しもうと思います」

 ちなみに、ホールにおけるコロナ感染についてはどう思っているのだろうか。

「満員電車なんかに比べれば、感染リスクは低いかなあという感じはあります。私がよく行くホールは各台計数(出玉数を自動で数えるシステムのこと。ドル箱は使わない)で、パチンコ玉にもそんなに触らないから、それほど不潔な感じもしない。隣の台との間にアクリル板も設置してあるし、正直そんなに心配していません」(Aさん)

 都内に住む自営業のBさん(40代男性)はパチスロファンだが、2018年の規則改正以降、ホールに足を運ぶ頻度は確実に減っていると話す。

「6号機(パチスロの新規則機のこと)は出玉が緩やかで、“大きく勝てない”という印象で、そんなに打っていません。凱旋(『ミリオンゴッド-神々の凱旋-』のこと)や番3(『押忍!番長3』のこと)はそれなりに打ってきましたが、そろそろ面白くて出玉がある新機種が打ちたい。これから1年以上、凱旋や番3ばかりを打つということは考えていません(*注)。

【*編集追記:『ミリオンゴッド-神々の凱旋-』は2020年11月に撤去される予定。このコメントはそれが発表される前のもの】

 個人的には、打ちたくなるような魅力のある機種が出てこない限りは、パチスロへはあまり行かなくなると思います。ちょうどこの休業期間で、パチスロに行かない生活に慣れたので、このままやめられそうな気もしています」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。