マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

ネット詐欺が巧妙化 記者もだまされた“偽Amazon”からのメール

2020年6月28日 11:00

【3】送付先の住所、名前が実在しそうだった

 いちばん驚いたのは、【送付先】に住所・名前・電話番号がしっかりと明記されていたこと。名前は日本人、住所も電話番号も国内のもの。いかにもありそうだったので、「もしかして、この人も第三者にアカウントが乗っ取られ、名前を使われたのでは…」などと勝手に解釈をしてしまった。

【4】購入商品が高額だった

 もしも、これが1000円、2000円ぐらいの商品だったら、「後で確認しておくか」と思ったかもしれないが、「24万9480円」という金額を見て、「いますぐに処理をしないと! 手遅れになったら困る!!」と焦ってしまった。

【5】(C)や社名が明記されていた

「問い合わせ」のところに、(C)1996-2020 Amazon.comとあり、これも本物のAmazonメールに記されているものと同じものだと勘違いしてしまった。しかも、上の部分のAmazon.co.jpをタップすると、公式サイトに移動する。それが日本のサイトだったため、これは本物だと信じてしまった。

 なお、記者はクレジットカード情報を入力した後に、詐欺では……と疑惑を抱いてAmazonのコールセンターに連絡をし、対応を聞くことができた。オペレーターからはクレジットカードを停止するよう助言を受け、カードの再発行手続きをとって大事に至らずに済んだが、くれぐれもこうした手口には用心したい。

コロナ禍でネット詐欺は増えている
コロナ禍でネット詐欺は増えている

※女性セブン2020年7月9日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。