マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

関電、JAL、大戸屋、SB… コロナで大荒れの株主総会実況中継

2020年7月2日 7:00

ソフトバンクグループは株主総会を「完全オンライン」で実施(共同通信社)
ソフトバンクグループは株主総会を「完全オンライン」で実施(共同通信社)

 コロワイドは現経営陣の刷新や、大戸屋のウリである店内調理をやめるなど、業績改善に向けた非常に厳しい株主提案を行なった。そのため開会前からプロキシー・ファイト(委任状争奪戦)が繰り広げられ、メディアでも盛んに報じられていた。

 25日の総会の結果、軍配が上がったのは現経営陣のほうだった。取材した経済紙記者が語る。

「質疑に立った男性株主は『コロワイド案は反対。大戸屋の“ほどよい高額”と美味しい料理やお弁当の大ファンだ』と現経営陣を激励。コロワイドの株主提案に拍手はなく、それを見た窪田健一社長がグッと涙をこらえていたのが印象的でした」

 3月の決算で総額1兆円超の赤字を出し、孫正義会長が立ち上げた投資ファンドも巨額の損失を出しているソフトバンクグループは、今年の総会を「完全オンライン」で実施(25日)。多くの株主にとって不満の残る総会となった。オンライン総会を見たジャーナリストの石川温氏が言う。

「孫氏は“株主にとって企業価値とは、利益でなく株価だ”と主張するなど、できるだけ1兆円赤字から株主の目を逸らそうとしているように感じました」

 罵声を浴びた人あり、ピンチを免れた人あり。いずれにしても、経営者にとって株主総会は大きな試練だった。

※週刊ポスト2020年7月10・17日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。