マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

申請忘れると1円ももらえない「高額療養費制度」申請書の書き方

2020年7月14日 15:00

 ただし、注意点が複数ある。まずは申請書を“どこで”入手するかだ。

「申請書は基本的に、自分で取り寄せるのが確実です。健保組合なら勤務先の総務、国民健康保険なら市区町村の役所に問い合わせましょう」(前出・北村氏)

 お金が還付されるまでの期間も知っておきたい。

「医療費を支払ってから申請書が届くまでに約2~3か月かかり、申請から還付まで約1か月かかります。申請期間は受診した翌月1日から2年間有効ですが、忘れるとお金は一切戻ってきません」(前出・北村氏)

 医療費の計算にもルールがある。定められているのは“1か月間”の自己負担上限だが、かかった医療費を「月またぎ」では合算できないのだ。

「高額療養費制度の申請は、月ごとにまとめる必要があります。月をまたいで通院した際、医療費は合算できません」(前出・北村氏)

 ただし、自己負担が上限に達しなくても、諦めは禁物だ。医療費は世帯全体で合算できる。

「夫婦や親子などで医療費を合算できます。しかし、同一世帯でも合算できるのは70歳未満なら医療費の自己負担額が2万1000円以上からになります。また子供世代は国民健康保険、親は後期高齢者医療制度など、保険制度の種類が違うと同一世帯でも合算できないので注意が必要です」(前出・北村氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。