マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

コロナ政策に憤慨する63才女性「ゴーだのステイだの私ら犬か?」

2020年8月9日 16:00

国や地方行政の旗の振り方がチグハグ

 それにしても、東京都民の肩身の狭いことったらない。先日、茨城でひとり暮らしをしている93才の母親が倒れたと一報が入った。折悪しく、東京の感染者数が連日200人を超える最中。弟は「いまは来ねえ方がいいべ」と言うわよ。

 数日後、感染者数が100人台に落ちたのを機に親元に駆けつけたけど、弟が駅まで迎えに来てくれた車の中でも、気が引けてね。マスクを外せなかった。身内でもそうだもの、お世話になっているヘルパーさんには近づくこともできない。遠くから挨拶をして、逃げ出すようにバイクにまたがり、実家から離れたわよ。幸い、熱中症で倒れた母親は命に別状はなかったけれど、次、同じことがあったらどうしよう。

 7月23日からの4連休の後半、帰省するつもりでいたけど、連休初日の感染者数が366人。いままででいちばんの感染者数で、帰省なんかできるわけがないって。この日、地元の同級生が、「東京は大丈夫?」とLINEしてきた。聞けば、「道にバタバタ人が倒れていて、たえず救急車が走り回っている」ようなイメージだそうな。

「だって、東京だけ『Go To』から除外されたってことは、それだけ、外に出たら危ない人たちと、その地域ってことでしょ?」と言われたら、グゥの音も出ない。

 経済活性化ばかりを優先して「Go To」を推奨しまくるのでなく、コロナ禍における親の看取り、葬儀のガイドラインを出してくれないかしら。そうしないと地方の人の都民に対する“塩対応”はますますきつくなるし、都民はますます肩身が狭くなる。その結果、感染者数が減るならいいよ。でも、検査数を増やしているんだから、そうはならないって。

 その検査数を増やすことを、都はなぜ前もって発表しなかったのよ。「検査数を増やすから、感染者数も増えますよ」と全国的に予告されていたら、他府県が抱く都や都民に対する印象は全く違っていたはずよ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。