マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

生命保険にはいくら入るべき? 夫の死後に「必要な備え」の算出法

2020年9月6日 7:00

 日本では8割以上の世帯が生保に加入している。1世帯当たりで平均3.9件、年間に支払う保険料は平均38.2万円とされる。年間38万円もの保険料を40年間払い続ければ、総額は実に1520万円にものぼる。

 それが万が一のときに役立てばいいが、必ずしもそうとはいえない。むしろ、「生命保険にいくらかけるか」を充分に考えず、ムダな保険料を払い続けているケースが多いのだという。では、「人生最大のムダ」ともいえる保険料を見直すには、何から始めればいいのか。「まず真っ先に見直すべきが『死亡保障』です」と長尾さんは言う。

「万が一のときに備えて保険料を支払う死亡保険は、実は不必要な場合も多い。自分や家族にとって本当に必要な保険金額はいくらなのか、見極めることから始めてほしい」

 冒頭の山本さんは50代後半の夫に2000万円以上の死亡保障を設定していた。しかし、さまざまな条件を考慮すると、厳しい言い方をすれば「保険料をドブに捨てているようなもの」だと判明した。そこには、どんな間違いがあったのか見ていこう。

子供の独立が見直しのタイミング

 夫の保険金額を決める主な基準になるのが「妻の収入」「子供の有無」「住宅費用」だ。子供がおらず、妻に安定した収入がある場合、保険金はほぼゼロで大丈夫だという。

「夫の死後も、自分ひとりの生活費を自分でまかなえる場合、かかる費用は夫の葬儀代くらい。200万円ほどの貯蓄があれば、保険で備えておく必要はないでしょう」

 妻が専業主婦の場合、夫の死後にかかる妻の生活費の備えが必要になる。

「専業主婦の場合、葬儀代と1年分くらいの生活費として500万円くらいは必要でしょう。1年かけて仕事を見つけられれば、これくらい備えておけば大丈夫」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。