マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

パチンコ“エンジョイ勢”がハマるちょっと危険な落とし穴

2020年10月5日 16:00

当たったときの快感をちょっと味わえたら満足

 神奈川県に住む40代自営業の男性・石田さん(仮名)は、パチンコファン歴10年ほど。ずっと“エンジョイ勢”だという。

「パチンコを打つ頻度は、月に2~3回程度です。週末に家族がみんな出かけてしまっているときに、なんとなく行くくらい。ふらっと店に入って、気になった新台を打つことが多いです。機種の情報はほとんど知らない状態で打って、“これは熱い演出なのでは?”みたいなことを想像して楽しんでいます」(Aさん)

 Aさんが、一度に使うお金はどれくらいなのだろうか。そして、“勝つ”頻度はどれくらいか。

「一応、予算は1万~2万円くらい。それだけでは一度も当たりを引けないことも多いのですが、そういうときはとんでもなく後悔してしまいます。大きく負けた時は、そこから1か月くらいパチンコ店に行かなくなります。

 勝って帰るのは、3~4回に1回くらい。当たったらすぐに辞めて交換して帰ることも多いです。“当たったときの快感をちょっと味わえたらそれで満足”というくらいの気持ちなんです。だから、1回当たればそれなりに満足。ただ、時々無性にパチンコを打ちたくなることもあって、“このままドハマリしてしまうのではないか”と不安になります。そういうときは、できるだけホールに足を運ばないよう努力しています」(Aさん)

ガチ勢からエンジョイ勢になって気が楽に

 かつては毎日のようにホールに通ってパチスロを打っていたというのは、都内在住の会社員・佐藤さん(仮名、30代男性)。最近は、完全に“エンジョイ勢”になっている。

「以前は、パチスロ雑誌を読み漁って、ネットでいろんな店のイベント情報を調べて、高設定台に座るために最大限の努力をしていたんですが、仕事が忙しくなって、なかなか難しくなってきたんです。パチスロの勉強に時間が割けなくなってから、とりあえす“打って楽しむ”ということが目的になっています」(Bさん)

 Bさんは、主に“5スロ”と呼ばれる、通常よりも安い料金で遊べるコーナーでパチスロを打っている。

「正直、勝とうとはあまり思っていない。多少の料金を払って、パチスロを楽しんでいるという感覚です。それでたまに勝てればなおよし、という感じ。打ちたい機種が空いていなければ、打たずに帰ります。近所のホールに、打ちたい機種が設置していない時期は、いっさいホールに足を運ぶこともなくて、ただただYouTubeでその機種の動画を見ていました。

 以前“ガチ勢”だったころは、とにかく必死だったし、パチスロのことばかりを考えてなかなかしんどかったんですよね。でも、今は本当に気が楽になりました。まあ、ガチ勢だった頃のほうが収支はプラスになっていたと思いますが(笑い)」(Bさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。