マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

今冬のコンビニおでん最前線 容器入りとパック入り、何が違う?

2020年11月3日 15:00

左側がセブン-イレブンの『味しみおでん』(奥)と『7プレミアム おでん』(手前)。右側がファミリーマートの『焼津産かつお節だし使用 5品目のおでん』(奥)と『和風だし香る8品目のおでん』(手前)
左側がセブン-イレブンの『味しみおでん』(奥)と『7プレミアム おでん』(手前)。右側がファミリーマートの『焼津産かつお節だし使用 5品目のおでん』(奥)と『和風だし香る8品目のおでん』(手前)

 寒くなると食べたくなるのが、おでん。手軽に利用できるコンビニのレジ横のおでんもいいが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、以前と販売方法が大きく変わっている。コンビニ事情に詳しいフリーライターの小浦大生氏はこう話す。

「これまで、おでんは鍋に蓋をすることなく、店内に香りが充満するようなこともありましたが、今年は飛沫防止のために、蓋をする店がほとんどです。また、客がセルフでおでんを容器に取り分けるという形ではなく、口頭で注文し、店員が取り分けるシステムを取っている店が多くなっています。

 そもそも、コンビニおでんの鍋に蓋をしないのは衛生的にどうなのかということは、新型コロナウイルス流行前から言われていました。現在のような形になったのは自然な流れだったとも言えます」(小浦氏・以下同)

 また、新型コロナウイルス感染予防の観点から、レジ横で販売するタイプではないおでんにも注目が集まっている。

「最初から容器に入って販売されているレンジで温めるタイプのおでん、パックに入っていて湯煎などで温めて食べるタイプのおでんが販売されています」

セブン-イレブンの『味しみおでん』(左)、『7プレミアム おでん』(右)
セブン-イレブンの『味しみおでん』(左)、『7プレミアム おでん』(右)

 セブン-イレブンでは、レンジで温めるタイプの『味しみおでん』(321円、税込み以下同)という商品が販売されている。弁当コーナーの近くにある、惣菜やスープと同じ棚に陳列されている。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。