マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

今冬のコンビニおでん最前線 容器入りとパック入り、何が違う?

2020年11月3日 15:00

 容器に入ったレンジ対応のおでんと、パック入りのおでん。その特徴について、小浦氏が改めて総括する。

「容器入りのおでんは、ボリュームが少ない一方で300円以上の価格なので、多少の割高感は否めないでしょう。しかし、1人で食べきるには適量ですし、電子レンジしか使えない状況には、助かる商品だと思います。少ない量でもいいから、複数のおでんを食べたいときなどには、いい商品ですね。

 パック入りのおでんは、とにかく安い。ボリュームもあって、1人で食べるだけでなく、2~3人の家族であれば、“もう一品のおかず”にも丁度いいでしょう。ただ、やはり電子レンジを使えないということで、調理する手間がかかるのがデメリットですね。レンジ式との価格の差は、調理する手間賃と容器代という考え方もできるでしょう。

 シチュエーションに合わせて、タイプの違うおでんを選択できるのは、消費者にとってはありがたいこと。コロナの影響でレジ横おでんの販売方法が変化し、少々買いづらくなっていますが、そういった場合にも、異なるタイプのおでんが販売されているのはいいですね」

 選択肢が多くなっているコンビニおでんで、ポカポカ気分を味わってみたい。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。