マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

定番化が進む「ぶどうフレイバー飲料」を飲み比べ それぞれ個性の違いも

2020年11月7日 11:00 マネーポストWEB

アサヒ飲料『「ウィルキンソン タンサン」マスカット』
アサヒ飲料『「ウィルキンソン タンサン」マスカット』

 最後は、こちらも炭酸水。アサヒ飲料『「ウィルキンソン タンサン」マスカット』を試飲した。原材料は〈水/炭酸、香料〉、カロリーは0kcal。容量は500ml。希望小売価格95円。

「シンプルに表現すれば、ほんのりとマスカットの香りがする炭酸水ですね。果汁も糖分も入っていないので、味はしません。そしてウィルキンソンらしく、炭酸はかなり強めです。刺激のある飲み物ですが、マスカットの香りのおかげでかなり飲みやすくなっていると思います。爽快感も増しているように感じますね。レモンやグレープフルーツのフレイバーの炭酸水は定番化していますが、このマスカットも定番化していいのではないか、と思いますね」

 ぶどうフレイバーのミネラルウォーター、炭酸水飲み比べた記者Aが総括する。

「それぞれ細かい違いがありますが、いずれもとてもおいしいです。そもそもぶどうはワインという形でずっと飲まれてきたものだし、ミネラルウォーターや炭酸水に合わないわけがない。それこそ、これまでそんなに目立った存在ではなかったのがおかしいくらい。今後はもっと人気が出るような気がします」

 ぶどうフレイバーが、ミネラルウォーター・炭酸水の新たな市場を切り開くか。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。