マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

複雑化するアメリカ社会の分断 データからわかる意外な事実

2020年11月27日 7:00

バイデン氏が勝利を確実にしたが、アメリカ社会の分断は明確になった(AFP=時事)

 11月3日に実施された米国大統領選挙では、ジョー・バイデン前副大統領が勝利を確実にしながらも、ドナルド・トランプ大統領が表立って敗北を認めず、米国社会は真っ二つに割れている格好だ。バイデン氏は勝利演説で「分断ではなく団結」と呼びかけたが、はたして米国社会はどうなるのか。作家の橘玲氏に聞いた──。

 * * *
 今回の米大統領選は、「米国社会の分断」をまざまざと見せつけました。バイデン、トランプ両氏の得票数だけをみると、ともに7000万票以上を獲得し、くっきり分かれた格好です。トランプ氏はようやく政権移行手続きを認めたものの、いまだ敗北を受け入れておらず、ここまでこじれたものを元に戻すのは相当難しいでしょう。

 今回の選挙でなにがみえてきたのか。米紙『ニューヨーク・タイムズ』での1万5590人の有権者を対象とした出口調査(エディソン・リサーチによる集計)は興味深い実態を浮かび上がらせています。

 まず男女別にみると、男性の53%がトランプ氏、女性の57%がバイデン氏に投票。前回(2016年)の大統領選でのヒラリー・クリントンの敗北は「女性有権者に嫌われたから」と言われましたが、バイデン氏は保守的な女性票も獲得できたようです。人種でみると、白人の58%がトランプ氏、黒人の87%がバイデン氏、ヒスパニック/ラテン系やアジア系でもバイデン氏が多数を占めており、女性と非白人の票が勝利につながったことがみてとれます。

 年齢でみると、18~29歳の若年層では60%、30~44歳でも52%がバイデン氏を支持する一方、45~64歳の50%、65歳以上の52%がトランプ氏を支持、と若年層と中高年層ではっきり分かれていることがうかがえます。

 学歴をみると、大卒の55%がバイデン氏、非大卒の50%がトランプ氏となっています。とりわけ白人非大卒でトランプ支持は67%と圧倒的で、「トランプの熱狂的支持者は白人労働者階級」「学歴が上がるほど民主党支持の『リベラル』が多く、高学歴にはトランプ支持者はほぼいない」という説を裏付けるデータになっています。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。