マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

シヤチハタ社長が考えるハンコ問題「電子化が認められない社会システムが問題」

2020年12月24日 7:00 週刊ポスト

──デジタル時代でもハンコ文化は消えないと?

 デジタル決裁時代であっても、私はハンコのほうが便利だと思っています。印影があることで、契約書などがより平易に可視化され、安心安全が担保される。これからデジタル決裁の時代がやってきてもハンコを残していくためにあらゆる努力をしていきますし、電子決裁でハンコを使いたい会社さんには印影を供給したいと思っています。

 いろいろな企業が電子決裁事業に進出するでしょうが、パイを奪い合うのではなく、広く協業する形を目指します。その結果、「デジタルなハンコに関しては全部シヤチハタに任せたい」と言ってもらえるようにしていくことが、我々が生き残る道と考えています。

【プロフィール】
舟橋正剛(ふなはし・まさよし)/1965年愛知県生まれ。1992年米リンチバーグ大学経営大学院修士課程修了。1993年電通入社。1997年シヤチハタ工業入社。2006年から現職。

【聞き手】
河野圭祐(かわの・けいすけ)/1963年、静岡県生まれ。経済誌編集長を経て、2018年4月よりフリーとして活動。流通、食品、ホテル、不動産など幅広く取材。

撮影/山崎力夫

※週刊ポスト2020年12月25日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。