マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「貯まる財布」は中身もシンプル クーポン券はもらわない選択肢も

2021年1月11日 16:00

節約アドバイザーの丸山晴美さん(右)が「貯まる財布」の特徴を解説
節約アドバイザーの丸山晴美さん(右)が「貯まる財布」の特徴を解説

 2021年こそ収入アップを目指したい。とはいえ、なかなかお金が貯まらない…。そんな人は自分の財布の中身を見直してみるとよいかもしれない。「お金が貯まる財布」と「貯まらない財布」の違いはどこにあるのだろうか。

「持ってはいけない」リボ払い専用クレカ

「カードがいっぱい!」。女性セブンのオバ記者こと、野原広子さんの財布を手に、節約アドバイザーの丸山晴美さんが思わず声を上げた。

 オバ記者の2つの財布の中には、クレジットカードや銀行のキャッシュカード、ポイントカードが全部で19枚。そのほか、飲食店の割引券やレシートなどが分けて入れられていた。カード枚数に反比例して現金が少ないのは、何を表しているのか…。

「私、ポイントを貯めているの。“ポイ活”よ。マイルで石垣島に行ったこともあるんだから。買い物をしただけで旅行にタダで行けるなんてお得じゃない?」

 そう胸を張るオバ記者に最もよく使うカードを見せてもらったところ、リボ払い専用カードだった。リボ払いとは、毎月の支払額を一定金額にして、金利とともに返済するもの。オバ記者の場合、返済額を5万円の設定にしている。

「このカードを使うと、買い物に行くたびに500円分の商品券がもらえるの」(オバ)

 すると丸山さんが、「それは、あかん…」と、つぶやく。

「リボ払いはポイントが通常の3倍も貯まるので、確かに魅力的です。とはいえ、利息が高いため、毎月かなりの額を返さないと、元金が減りません。リボ払いを活用するなら、毎月の返済額を上限額(20万円程度)に設定して、借金を翌月に持ち越さないことです」(丸山さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。