マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

コンビニ3社の「チーズバーガー」食べ比べ 最も独自性が強い商品は?

2021年1月22日 15:00

ローソン『チーズバーガー』(手前左)、ファミリーマート『チーズバーガー』(手前右)、セブン-イレブン『たっぷりチーズのチーズバーガー』(奥左)、『モッツァレラ&チェダーバーガー』(奥右)
ローソン『チーズバーガー』(手前左)、ファミリーマート『チーズバーガー』(手前右)、セブン-イレブン『たっぷりチーズのチーズバーガー』(奥左)、『モッツァレラ&チェダーバーガー』(奥右)

 ハンバーガーといえば、ファストフード店で食べるものと考えている人も多いかもしれないが、コンビニエンスストアでも定番商品となっている。コンビニグルメに詳しいフリーライターの小浦大生氏が説明する。

「コンビニで売られているパン系の軽食というと、サンドイッチや菓子パン、惣菜パンのイメージが強いのですが、レンジで温めて食べるタイプのハンバーガーも長年の定番。惣菜パンのように常温保存するタイプではなく、10℃以下の冷所保存でサンドイッチと同じ棚に陳列されています。季節によっていろいろなバーガーも発売されますが、やはり『チーズバーガー』が基本中の基本です」

 そこで、マネーポストWEBのコンビニグルメ担当記者Aが、大手コンビニ3社の「チーズバーガー」を実食。その特徴を調べた。

これぞ定番!シンプルなファミマのチーズバーガー

ファミリーマート『チーズバーガー』
ファミリーマート『チーズバーガー』

 まずはファミリーマートで販売されている『チーズバーガー』。価格は198円(税込み、以下同)。1個あたりのカロリーは315kcalだ。

 パティとチェダーチーズをバンズで挟み、ケチャップとマスタードで味付けした、シンプルなチーズバーガーだ。実食した記者Aは、こう感想を述べる。

「家庭用電子レンジで1分ほど温めて食べました。一口かぶりつくと、まずバンズが思っていた以上にフワッとしていて驚きました。パティはどちらかというと、ギシッと固め。“肉汁がジュワ~”という感じではなく、かなり“しっかりした”印象です。ちょっと固いかなと感じる人もいるかもしれません」(記者A・以下同)

 味付けはケチャップ&マスタードという、オーソドックスなものだ。

「誰もが一度は食べたことのあるチーズバーガーそのものです。チーズの風味も決して個性的なものでもなく、“クセ”みたいなものも感じられない。とにかく安心して食べられるチーズバーガーだと思います」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。