ビジネス

「飲食店と違って協力金もない」コロナ禍のタクシー運転手の悲鳴

かつては1回の乗車で数千円を稼げたが、最近は1000円に満たない客の方が多いという

かつては1回の乗車で数千円を稼げたが、最近は1000円に満たない客の方が多いという

 それで、緊急事態宣言後の実入りについて聞いてみた。「国からの協力金、ゼロなの?」と聞くと、「ゼロ、ゼロ」と2度繰り返す。

「だいたいタクシーって、飲食店あっての仕事なんですよ。店が早く閉まったら、お客さん、電車で帰っちゃうでしょ。で、何、今回の緊急事態宣言で8時閉店? もう、銀座のクラブ街なんか、行くだけムダ。街全体が夜になると、人がいないんだから。ホント、政府が困っている業界を救ってくれるんなら、タクシー業界だって助けてほしいよ」

 その運転手さんはこれまで夜は銀座に車をつけていたんだそう。その話しぶりと名前の書かれた写真から、彼を40代初頭と見立てた私は、タメ口で聞いてみた。

「いつも乗ってくれるお得意さんがいたんだ?」

「そりゃあ、いましたよ。でも、全部消えちゃった。リーマン・ショックのときも、銀座で飲む人は一気にガクンと減ったけど、それでもここまではひどくなかったなぁ。もう、オレ、これからどうなっちゃうんだろ。歩合だから売り上げが上がんないと家に帰りにくくて」

 会社支給のポリエステル100%の黒いジャケットを着て、背中を丸める姿は、なんとも心細そう。「660円になります」という声に覇気はない。電子マネーで支払いをしながら、「いいことも続かないけど、悪いことだって、そうそう続かない。そのうちどうにかなりますって」と、なんの慰めにもならないことを言うと、運転手さんは「ああ、今日もいいのは天気だけッ!」とヤケクソぎみにおどけた。

数分間、長くて数十分の一期一会。背中越しの会話ゆえか、タクシードライバー相手だと、こちらも妙に心を開いてしまう時がある

数分間、長くて数十分の一期一会。背中越しの会話ゆえか、タクシードライバー相手だと、こちらも妙に心を開いてしまう時がある

 その言い方がおかしくて思わず吹き出したら、「まぁ、天気でもなんでも、悪いよりいい方がいいっすけどね」と言ったので、また笑った。

 見上げれば、冬の抜けるような青い空が広がっている。タクシーから降りて、地下鉄の改札口までの間、「いいのは天気だけッ!」が頭の中でリフレインして、そのたびにクスッ。逆境にあっても、そんな啖呵を切れる人に出会うと、こっちもどこか明るい気持ちになるんだよね。

【プロフィール】
「オバ記者」こと野原広子/1957年、茨城県生まれ。空中ブランコ、富士登山など、体験取材を得意とする。

※女性セブン2021年2月11日号

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。