マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

コンビニ3社の「たらこパスタ」食べ比べ 濃厚さアップで満足感!

2021年2月28日 15:00

奥左からローソン『つぶつぶ!たらこ!たらこ!たらこ!』、ファミリーマート『大盛 明太子スパゲティ』。手前左からセブン-イレブン『和風パスタ 大葉と明太子クリーム』、ファミリーマート『生パスタ 明太クリーム』
奥左からローソン『つぶつぶ!たらこ!たらこ!たらこ!』、ファミリーマート『大盛 明太子スパゲティ』。手前左からセブン-イレブン『和風パスタ 大葉と明太子クリーム』、ファミリーマート『生パスタ 明太クリーム』

 日本で独自に進化するパスタ料理の中で避けて通れないのが、たらこ系パスタ。コンビニでも定番商品となっている。コンビニグルメに詳しいライターの小浦大生氏はこう話す。

「たらこ系のパスタは、幅広い年齢層に人気で、コンビニパスタの中では欠かせない商品。たらこの素材を活かしたシンプルなものだけでなく、最近では生パスタを使ったクリーム系の商品も人気です」

 そこで、大手コンビニ3社で販売されている“たらこ系パスタ”について、マネーポストのコンビニグルメ担当記者Aが実食比較する。(※実食したのは、2月21日時点で、都内で販売されている商品)

オーソドックスなローソン

ローソン『つぶつぶ!たらこ!たらこ!たらこ!』
ローソン『つぶつぶ!たらこ!たらこ!たらこ!』

 まずは、コンビニのたらこ系パスタの中で、もっともオーソドックスな印象の、ローソン『つぶつぶ!たらこ!たらこ!たらこ!』。価格は430円(税込み、以下同)で、1包装あたりのカロリーは511kcal。

 たらこソース、刻みのり、そしてバターがトッピングされている。容器の重さを省いた全重量を実測したところ、294gだった。

「バターの香りが効いていて、たらこソースがとてもまろやか。和風だしで味付けられているので、油っぽさはなく、むしろあっさりしています。

 つぶつぶ感が強いたらこは辛くないタイプで、それもまた全体的なあっさりさを演出しています。ただ、シンプルでオーソドックスなたらこスパゲティーゆえに、物足りなさを感じてしまう人もいるかもしれません。ここは好みが分かれるところでしょう」(記者A・以下同)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。