ライフ

「たくさん食べさせたい人」と「もう食べられない人」のミスマッチが生む悲劇

離れて暮らす息子へ母親からの“愛情表現”

 ちなみにハラスメントではないが、仕事関係だけでなく、学校や家族間での「たくさん食べるように」というプレッシャーに困惑する人もいる。

 都内のIT企業で働く30代男性会社員・Cさんは、4年前に実家を出て一人暮らし中。帰省するたびに、「母親からの食事のプレッシャーが大きくなる(笑い)」と本音を明かしてくれた。実家に帰ると母親から「これも好きでしょ、どんどん食べて」と言われ、お腹いっぱいでも食べさせようとするそうだ。

「今は控えていますが、以前は近県なので1か月に1回くらいは帰っていました。僕が好きな食べ物を用意してくれるのは嬉しいんですけど、山盛り。『もう食べられない』と言っても、持ち帰りになってしまう。たぶん、僕がまだ子供の時のままのイメージで、かつ『一人暮らしの男は食に困っている』という認識なんでしょうね」(Cさん)

 その認識は“仕送り”からも見て取れる。Cさんは、「とにかくすごい量なんですよね。大量のレトルト食品と実家の近所の激安スーパーで買った野菜でいっぱいのダンボールが定期的に送られてきます。もう働いているし、自分でも買えるんですけどね」と苦笑する。

 Cさんも、離れて暮らす子供を心配する母親の気持ちは理解しているし、感謝もしている。だからこそ逆に「断ったら寂しい気持ちにさせてしまいそうで、それはできない」と、母への配慮も口にする。こうなるともう、親子間の愛情表現の一種と言えるだろう。

 たくさん食べさせたい人と、もう食べられない人。このミスマッチに様々な局面で悩まされている人たちは、意外と少なくないようだ。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。