マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

トヨタ、選手村バス事故の痛手 「自動運転」技術開発計画の見直しも

2021年9月7日 7:00 週刊ポスト

選手村を走るトヨタの自動運転バス「e-パレット」(時事通信フォト)
選手村を走るトヨタの自動運転バス「e-パレット」(時事通信フォト)

 東京パラリンピック開催中の8月26日午後、パラリンピック選手村を巡回する自動運転バスが、人身事故を起こした。T字路を右折しようとしたバスが、柔道(視覚障害)男子81kg級日本代表の北薗新光選手に接触。北薗選手は転倒し、頭に全治2週間の怪我を負い、28日の試合を欠場した。

 この自動運転バスの車両を提供し、運営していたのはトヨタ自動車で、豊田章男社長は8月27日、自社サイトの「トヨタイムズ放送部」に緊急出演して「多くの方々にご心配をおかけし大変申し訳ない」と謝罪した。この事故は、ロイターやニューズウィークなど海外メディアも報じ、世界に知られることとなった。

 経済ジャーナリストの小泉深氏はこう言う。

「自動運転車の事故自体は海外では何度も起きている。2016年5月にテスラの自動運転車で、2018年3月にはウーバーの公道試験中の自動運転車で死亡事故が起きていて、死亡にまで至らない事故はそれなりにあります。

 ただ、トヨタは社風として非常に慎重で、事故は一切起こしてはならないという雰囲気がある。

 2014年に初代の水素燃料電池車『MIRAI』を発売したときは、買い手がいるにもかかわらず、安全を期して生産を400台に抑えた。水素には爆発するというイメージがあるので、事故が起きないようにトヨタが管理できるユーザーだけに絞ったのです。そこまでやる会社なのに、今回の事故が起きてしまったのは痛手でしょう」

 選手村で運行していた自動運転バスは、決められたコースを巡回するだけで、自動運転といいながらオペレーターが搭乗して操作していた。安全最優先のシステムだったが、自動運転技術をアピールするつもりが、逆効果になってしまったのは間違いない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。