マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

トヨタの大誤算 東京五輪で次世代技術を披露する予定だったが、無観客で…

2021年9月9日 15:00 週刊ポスト

生活支援ロボットなどを東京オリパラ観客に披露する予定だった(時事通信フォト)
生活支援ロボットなどを東京オリパラ観客に披露する予定だった(時事通信フォト)

 東京パラリンピック開催中の8月26日午後、パラリンピック選手村を巡回する自動運転バスが、人身事故を起こした。この自動運転バスの車両を提供し、運営していたのはトヨタ自動車で、豊田章男社長は8月27日、自社サイトの「トヨタイムズ放送部」に緊急出演して「多くの方々にご心配をおかけし大変申し訳ない」と謝罪した。

 この事故に限らず、東京オリパラではトヨタにとって想定外の事態が相次いだ。

 トヨタは、五輪のスポンサー枠の中では最上位に位置するワールドワイドパートナー(全14社)で、スポンサー料は2024年までの10年間で2000億円にも上ると言われている。

 さらに東京オリパラでは、選手村での移動用としてこの自動運転バス『e-パレット』だけでなく、観客を運ぶために燃料電池バス『SORA』を100台、大会関係者の移動用に燃料電池車『MIRAI』を500台、その他合わせて3340台を提供した。

 ところが、五輪は無観客開催となり、海外からの選手団や大会関係者の人数も大幅に減らされ、移動も制限された。経済ジャーナリストの小泉深氏が言う。

「無観客なので、燃料電池バスで移動する観客はおらず、五輪のロゴが入った『MIRAI』が大会関係者を乗せて会場周辺を走り回る姿もほとんど見かけなかった。

 トヨタはこうした会場を結ぶ車両だけでなく、会場内でも、観客の観覧席誘導や物品運搬を行なう生活支援ロボット『HSR』、『DSR』や、フィールド競技サポートロボット『FSR』を世界中からやってくる観客に披露するはずだったが、これも無観客になって目論見が完全に外れました」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。