ライフ

「女性なのに料理もできないの?」など、時代錯誤の質問にどう返答すべきか

お笑い芸人・横澤夏子

お笑い芸人・横澤夏子

【お題】「私なんて女、捨てているからさ~」

【賢人の回答例】
「えぇー!? 色気ムンムンじゃないですかぁ~」(さゆり)

「どこで捨ててきたのよ、私拾ってこようかな(「そんなことないよ~」と言わずに、笑って終わらせます)」(横澤)

【アドバイス】自虐を否定してあげるのは、もはやマナー。
「“私なんて太っている(不美人だ・経験がない)から”といった自虐発言の背景には、“あなたは否定してくれるよね”という期待が込められています。ですから、うっかり“そうね”と肯定したり、自虐自体を諭してしまうと、相手を傷つけ、こちらの評価も下げかねません。基本的には、“そんなことない”と否定するのがマナーだと思った方がいいかもしれません」(河崎さん)

【お題】
「きれいでうらやましい(あるいは「やせていてうらやましい」)」

【賢人の回答例】
「菓子折りを持ってくればよかった! 今日は何もないのよ!!(と、ギャグをかまして終わらせる。謙遜しても話が長引くだけなので……)」(横澤)

「うれしい! 最近のメイク道具って、本当に化けられるのよ!!」(森さん)

【アドバイス】嫌みだろうとほめ言葉として受け取ってしまおう!
「嫌みが含まれていようとも、ほめ言葉と受けとめて、まずは“うれしい”と伝えればいいんじゃないかしら? 素直にほめてくれている場合もありますから。相手が嫌みのつもりでも、それに反応してしまったら、相手の仕掛けた罠に引っかかるようなもの。謙遜したら話も長引いてしまいますしね。あえてここは鈍感になって、言われるたびに喜ぶといいと思いますよ」(エッセイスト・作家の海老名香葉子さん)

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。