マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

大画面・高画質にも落とし穴? テレビ選びに失敗した人たちの誤算

2021年11月21日 15:00 マネーポストWEB

テレビ選びの失敗談を紹介(イメージ。Getty Images)
テレビ選びの失敗談を紹介(イメージ。Getty Images)

 最近のテレビは大画面かつ高画質で、家にいながら迫力ある映像を楽しめるようになった。家時間を充実させるマストアイテムの一つであり、「テレビがない生活なんて考えられない!」という人もいるのではないだろうか。そうした中、テレビ選びに失敗して後悔している人もいるようだ。「たかがテレビ」と言うなかれ。ユーザーの声から、テレビ選びで注意しておきたいポイントを探ってみよう。

一人暮らし6畳部屋の適正サイズは…

 人材紹介会社に勤務する20代男性・Aさんは、都内の20平米ほどの1Kに一人暮らし。6畳の寝室に置くテレビの大きさ問題に直面しているという。

「一人暮らしのテレビ適正サイズが難しい。24インチの液晶テレビを長らく使っていたのですが、数年前にちょっと小さいなと思って32インチに買い替えました。最初は満足していたのですが、コロナ禍になって家で映画やドラマを見たり、ゲームをする機会が増えたことで、また『小さいな』と思うようになりました」

 新しいテレビの購入を検討しようと、家電量販店に足を運んだAさんは、6畳の適正サイズを説明され、驚きを隠せなかった。

「店員さんに、『6畳でもおすすめサイズは49インチ以上』と言われました。フルハイビジョンや4K対応のテレビは、最適視聴距離が短くなるので、狭い部屋でも大きい画面が“ちょうどいい”とかなんとか。大きくても40インチくらいを想定しましたから、本当にびっくりしました」(Aさん)

 Aさんが悩んだ末に選んだのは、49インチよりさらに大きい「55インチ」だった。その思い切った選択に、Aさんは「冷静に考えると大きすぎますよね。少し後悔している」と苦笑いする。

「その時セールをしていて、値段があまり変わらなかったんです。大きさはすぐに慣れるかなと思い、55インチを購入しました。店頭で実物を見たときは、この位の大きさならうちでも置けそうだと思いました。

 でも、いざ家に設置すると想像以上に大きくて、圧迫感が半端ない。ハイクオリティな画質のうえに、近くで大画面を見ることで目玉の移動距離が大きくなるせいか、目が疲れるので、もう少し小さくても良かったかもしれません」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。