マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

年末に泥酔・嘔吐客急増でタクシー業界の悲鳴 「個人タクシーには死活問題」

2021年12月29日 16:00 マネーポストWEB

「一般的にいうと、酔っていたとはいえ“わざと”吐いたわけではないので刑法の器物損壊罪には当たりませんが、民事での賠償は発生する可能性があります。ただし、その場合でも大手のタクシー会社の場合はクリーニング代のみの請求になる可能性が高い。運転手や車両を複数抱えている法人が『営業損害賠償』を求める場合、予備の車両(遊休車)が全くない場合でなければ、営業損害は認められません。通常予備の車両が存在する大手のタクシー会社では、営業損失は発生しないと思われるため、補償を求めることは難しいと思われます。

 一方、個人タクシーの場合は予備の車両がないので、クリーニング代に加えて、本来であれば稼げたはずの利益の補償を求めることができる場合があります。ただ、その場合もすでに入っていた予約や、営業していればほぼ確実に売り上げたであろう金額について“休業による実質的な損害額”を証明できないといけません。

 どちらにせよ、タクシー側にとっても客側にとっても車内の嘔吐は深刻な問題です。もしも自分が損害を与える側になってしまった場合は、クレジットカードや火災保険などに付帯される『個人賠償責任保険』が使える可能性があります。確認しましょう」

 そんな心配をしなくてはならないのも、2年の自粛期間を経て、飲み方を忘れたために久しぶりの酒の席でついつい羽目を外すケースが増えているからだろう。年末年始、迷惑をかけて暗い気持ちでの年明けにならないように肝に銘じたい。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。