マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

マックの『ダブル肉厚ビーフ』vs『倍ビッグマック』食べ比べ 価格は同じ、ボリュームは?

2022年1月30日 15:00 マネーポストWEB

左から『倍ビッグマック』、『ダブル肉厚ビーフ』。『倍ビッグマック』のほうが背が高い
左から『倍ビッグマック』、『ダブル肉厚ビーフ』。『倍ビッグマック』のほうが背が高い

 現在、マクドナルドのメニューの中で、そのボリューム感もあって人気となっているのが“サムライマック”シリーズだ。レギュラーメニューの『炙り醤油風 ダブル肉厚ビーフ』(490円)と期間限定の『旨辛 ダブル肉厚ビーフ』(490円)は、いずれも肉厚な100%ビーフが2枚重ねとなっており、かなりの食べごたえとなっている。一方、マクドナルドのボリューミーなメニューとして長年愛されているのが『ビッグマック』(390円)で、17時以降は100円をプラスするとパティが2倍になる“夜マック”を実施中。パティが合計4枚入った『倍ビッグマック』(490円)も販売されている。

 そこで、マネーポストWEBの庶民派グルメ担当記者Aが、マクドナルドの2大“ボリューミーメニュー”である『炙り醤油風 ダブル肉厚ビーフ』と『倍ビッグマック』を実食比較する。

左から『倍ビッグマック』、『ダブル肉厚ビーフ』。『倍ビッグマック』は箱に入って提供される
左から『倍ビッグマック』、『ダブル肉厚ビーフ』。『倍ビッグマック』は箱に入って提供される

ビーフの存在感がすごい『ダブル肉厚ビーフ』

『ダブル肉厚ビーフ』。肉厚なビーフが2枚重ねになっており、その間にチーズも
『ダブル肉厚ビーフ』。肉厚なビーフが2枚重ねになっており、その間にチーズも

 2020年4月からレギュラーメニューとなった“サムライマック”シリーズで、肉厚ビーフを2枚使いしているのが『炙り醤油風 ダブル肉厚ビーフ』だ。価格は490円。公式サイトに掲載されているカロリーは625kcal。実際に重さを測ってみたところ、220gだった。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。