マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

ケンタッキーフライドチキン「2つの定番サンド」を実食比較 他チェーンバーガーとの違いは?

2022年2月6日 15:00 マネーポストWEB

左からケンタッキーフライドチキンの『チキンフィレサンド』、『和風チキンカツサンド』。見た目は『チキンフィレサンド』が大きめだが、重量は『和風チキンカツサンド』のほうが重い
左からケンタッキーフライドチキンの『チキンフィレサンド』、『和風チキンカツサンド』。見た目は『チキンフィレサンド』が大きめだが、重量は『和風チキンカツサンド』のほうが重い

 ケンタッキーフライドチキンといえば、伝統的な調理法を受け継ぐ「オリジナルチキン」が最大の人気メニュー。柔らかい衣で包まれたスパイシーなフライドチキンは多くのファンに愛されているが、一方でケンタッキーフライドチキンの“サンド”こそを愛するファンもいる。ファストフード事情に詳しいライターの小浦大生氏はこう話す。

「現在、ケンタッキーフライドチキンでは『チキンフィレサンド』と『和風チキンカツサンド』という2つの“サンド”が販売。種類こそ少ないのですが、他のファストフードとは異なる魅力を持ったケンタッキーならではのサンドとして長く愛されています。ちなみに、期間限定のサンドとしては『月見サンド』『やみつきチキン南蛮サンド』などといった商品もありますが、不動の定番として残っているのは『チキンフィレサンド』と『和風チキンカツサンド』の2つです」

 そこで、マネーポストWEBの庶民派グルメ担当記者Aが、ケンタッキーフライドチキンの2つのサンドを実食し、その魅力に迫る。

食べやすくシンプルな「チキンフィレサンド」

ケンタッキーフライドチキンの『チキンフィレサンド』
ケンタッキーフライドチキンの『チキンフィレサンド』

 まずは『チキンフィレサンド』。単品の価格は390円で、『ポテトS』と『ドリンクM』とセットでは700円だ。重量を実測したところ、139gだった。

「まず感じたのは、バンズがふんわりと柔らかい点。ほかのハンバーガーチェーンではあまりないタイプだと思います。しっとりとした食感が印象的です」(記者A・以下同)

 公式サイトの説明文によると、〈全粒粉バンズに11 種類のハーブ&スパイスでソフトでジューシーに仕上げた国内産チキンフィレ、レタス、オリーブオイル入りマヨソース〉を挟んでいるという。

「骨なしのチキンは、衣がサクサクでスパイシー。オリジナルチキンとはまた異なる食感がいいですね。レタスがたっぷり入っているのもうれしい。マヨネーズソースがしっかりと主張していて、食べごたえがあります。チキンのおいしさも充分に楽しめるし、食べやすさもあり、シンプルながらもバランスがいいサンドだと思います」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。