マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

ケンタッキーフライドチキン「2つの定番サンド」を実食比較 他チェーンバーガーとの違いは?

2022年2月6日 15:00 マネーポストWEB

 マクドナルドの『チキンフィレオ』(単品360円)の重量は、公式サイトによると183g。ケンタッキーフライドチキンの『チキンフィレサンド』(390円)は、それよりも40gほど軽いのだ。また、マクドナルドの『てりやきチキンフィレオ』(370円)は同じく公式サイトによると195g。ケンタッキーフライドチキンの『和風チキンカツサンド』は、それよりも30gほど軽い。

「単純にマクドナルドの商品とケンタッキーフライドチキンの商品を比較するのは難しいのですが、たしかにケンタッキーフライドチキンのサンドは、見た目も小さく、決してボリューミーとは言えないと思います。

 ただ、ボリューミーではないものの、『チキンフィレサンド』のスパイシーさや『和風チキンカツサンド』の濃いめのテリヤキソースは、やはり個性的で、ケンタッキーフライドチキンでしか味わえない。野菜が多めに入っているのもうれしい。ボリューム以外の部分で満足させてくれるサンドだという印象です。

 オリジナルチキンと違って、手もあまり汚さずに食べられるメリットもありますし、ランチタイムなどでササッと食べるにはベストのような気もします」

 ハンバーガー専門店ではなく、フライドチキン専門店だからこその魅力にあふれているのが、ケンタッキーフライドチキンのサンドだと言えるのかもしれない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。