マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

「5年後の日本最高の経営者」は誰か ソニー吉田社長が期待される理由

2022年2月16日 7:00 週刊ポスト

5年後・最高の経営者ランキング(12~21位)
5年後・最高の経営者ランキング(12~21位)

“5年後のトップ経営者”を争うソニー・吉田とトヨタ・章男の2人が、迫り来るEV化で競合する関係にある点にも注目したい。

 まだ40~50代の楽天グループ社長・三木谷浩史(5位)、リクルートホールディングス社長・出木場久征(3位)も、「現役」より上位に入った。

 出木場久征社長率いるリクルートを「GAFAに対抗し得るポジションにいる」と評すのは前出・鈴木氏。

「(日本の時価総額トップ5の)リクルート株を外国人投資家が買うのは、(リクルートが買収した)米インディードに興味があるから。インディードは人事就活の分野で世界トップのIT企業であり、出木場氏は以前そのCEOを務めていた。米IT事業に着々と投資を続け、リクルートをここまで成長させた人物です」

 識者が注目する未来型経営者の筆頭が、クラウドサービス大手のサイボウズ社長・青野慶久(5位)だ。

 人事ジャーナリストの溝上憲文氏は、青野率いる同社について「従業員なら誰でも取締役に立候補できるなどオープンな社風」を評価。経済ジャーナリストの磯山友幸氏も、「株主は『経営理念』を共有し応援する存在であるべきという『新しい株式会社』のスタイルを実践・探求している」と見る。

“大政奉還”はあるか

 一方、向こう5年の間で「世代交代」が起きるのでは、との読みもある。その点で要注目なのが、唯一「親子」でランク入りしたウーブン・プラネット・ホールディングス上席副社長の豊田大輔(16位)だ。同社は父・章男率いるトヨタの子会社で、自動運転技術やスマート・シティ構想など、グループ全体の先進事業をリードする持株会社。「社運を懸けた事業を担当させるのは、社長候補として力量を試す狙いがある。一定の業績を積めば、数年後には本体への大抜擢があるかも」(経済ジャーナリスト・福田俊之氏)との予測もある。

 ほぼ同数の票を集めて10位と11位に並んだのが、サントリーホールディングス社長・新浪剛史と同社副社長・鳥井信宏。鳥井は創業家出身で、新浪の“次”が確実視される。

「アート分野など同社の文化活動は、サントリー中興の祖である2代目社長・佐治敬三氏が始めたもの。その創業家のDNAを受け継ぎ、プロ経営者である新浪社長に鍛えられた鳥井信宏氏は、“大政奉還”が行なわれれば5年後には経営者としてほかにない存在になっている可能性はある」(前出・片山氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。