マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

近隣住民の「ペット&においトラブル」に要注意 凄惨な事件につながった例も

2022年4月6日 19:00 女性セブン

隣人トラブルは身近に起こり得る厄介な問題(イラスト/神林ゆう)
隣人トラブルは身近に起こり得る厄介な問題(イラスト/神林ゆう)

近隣トラブルがこじれて世間を震撼させた事件も

 がまんできる範囲ならいいが、こうした近隣トラブルが、大きな惨劇に発展することもある。実際のニュースを振り返ってみよう。

 2019年6月24日夜、愛知県名古屋市の住宅街の路上で会社員の男性2人が無職の男(38才・当時)に包丁でメッタ刺しにされ惨殺された事件。男は被害者の1人・Aさんが住むマンションの向かいの一戸建てに住み、Aさんの路上駐車に不満を募らせていた。Aさんもまた、野良猫に餌をあげる男に立腹していたという。

 事件は22時半頃、飲み会終わりのAさんが、男の家の防犯カメラに向かって叫んだことから口論に発展。Aさんを二十数か所も刺す凄惨さに世間は震撼した。

 2015年11月6日、千葉県館山市で、男(76才・当時)が隣人男性に暴行し、溺死させた。そもそもは、被害者が「生活排水が自宅に流れ込んできている」と、加害者の男にクレームをつけ始めたのがきっかけ。だが排水は被害者が排水路を埋めたことが原因で、男の責任ではなかった。以降20年以上、1日4~5回威嚇を続ける被害者は近隣でも迷惑行為を働いており、加害者の男は「これ以上みんなに迷惑をかけないため」殺害したと供述した。

 男は自治会長を務めた人物で、裁判には地元住民1000人の減刑を求める嘆願書が寄せられたことも話題を集めた。判決は懲役9年、現在も服役中だ。

 隣人トラブルは数あれど、こじれる原因はコミュニケーション不足がほとんど。引っ越しの挨拶や、迷惑をかけたら謝罪するなど、ちょっとした手間を惜しまないことがトラブル回避の鍵かもしれない。

取材・文/辻本幸路

※女性セブン2022年4月7・14日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。