マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

物価上昇局面でなぜ値下げできた? アルペン、すかいらーくに聞いてみた

2022年4月4日 7:00 週刊ポスト

食材が高騰するなかで値下げキャンペーンを展開した「すかいらーく」(写真は2021年/時事通信フォト)
食材が高騰するなかで値下げキャンペーンを展開した「すかいらーく」(写真は2021年/時事通信フォト)

 素材価格や物流コストの上昇で、アパレル業界に値上げの波が押し寄せている。ファーストリテイリングが展開するユニクロはすでに一部の商品の値上げを実施し、従来の定価より1000円値上げした商品も出てきている。ファッションセンターしまむらも輸送コストの増加により2022年秋冬物の価格帯値上げを検討しているという。

 そんな窮状が続くアパレル業界で、スポーツ用品販売のアルペンが「ティゴラ(TIGORA)」をはじめとするプライベートブランド価格の大幅値下げを決断。3月18日より180アイテム、90万点を平均20%以上値下げするとしている。

 なぜこれほどの大幅値下げが可能なのか。アルペンにその理由を尋ねた。

「生産工場の閑散時期にオーダーを入れること、生産リードタイムをしっかり確保したうえでASEAN地域で生産することにより、工賃や関税の低減を図りました。素材・品番を集中し大量生産する点もコスト低減の要素となっています」(広報室)

 生活経済ジャーナリストの柏木理佳氏はアルペンが値下げに舵を切る理由をこう見る。

「上場企業であるアルペンは、IR活動やSDGsにも力を入れているため、いずれ破棄する在庫を抱えたくない。コラボ商品も多く、提携先との契約上でも売り切ったほうがお互いプラスです。消費者は安い服に飢えているので、宣伝効果も非常に高い」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。