マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

物価上昇局面でなぜ値下げできた? アルペン、すかいらーくに聞いてみた

2022年4月4日 7:00 週刊ポスト

お値頃価格帯の商品を拡充するメニュー改定

 長引くコロナ禍の影響で収益が厳しい飲食業界では、昨年から徐々に値上げが始まっている。牛丼チェーンの野家、すき家、松屋が輸入牛肉や原油価格の高騰を理由に牛丼の値段を引き上げたほか、今年に入ってからは丸亀製麺やミスタードーナツも原材料費、人件費、物流費の高騰により10~50円程度の値上げを実施している。

 そんななか、すかいらーくグループはコロナ禍という逆境にありながら、期間限定でテイクアウト価格の値下げキャンペーンを展開(3月3日で終了)。テイクアウトピザを通常より108円安い431円で提供するなど、食材高騰のなかで値下げを実現できた理由について同社に尋ねた。

「自社サプライチェーンを活かし、複数業態における食材の一括調達と、10か所あるセントラルキッチンにおける一次加工体制を強化し、原価低減をはかる工夫をしております。例えば、複数業態で使用するチキンの原料は、スケールメリットを活かした一括調達で原価低減をはかり、セントラルキッチンでは機械化も推進することで製造の効率化をはかり、加工費を最小限に抑えています」(広報室)

 今後の値下げキャンペーンについても「ガストやバーミヤン、夢庵などの業態においては、4月にお値ごろ価格帯の商品を拡充するメニュー改定を予定しております」(広報室)としている。

 インフレ局面にあるからこそ「値下げ宣言」を繰り出す気骨ある企業が、これからさらに出てくるかもしれない。

※週刊ポスト2022年4月8・15日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。