マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

ソフトバンクグループ・孫正義氏の命運を左右する「投資銘柄リスト」を検証

2022年5月28日 7:00 週刊ポスト

1年間で約7兆6000億円の資産価値を失ったソフトバンクグループ
1年間で約7兆6000億円の資産価値を失ったソフトバンクグループ

 またSVFは韓国企業にも多額の投資をしている。経済ジャーナリストの後藤逸郎氏が語る。

「今回の決算で1兆6000億円と最大の下落幅となったクーパンは“韓国のアマゾン”と言われるネット通販会社です。昨年1870億円を投資したヤノルジャは、国内最大の旅行・宿泊アプリを運営する企業ですが、客室予約管理システム分野の成長を活かしてIT企業としてさらなる成長が見込まれています」

 日本企業への投資は少ないが、ヤノルジャと同様に日本国内で宿泊予約サイトを運営するタビストにも出資しており、レジャー産業のAI化を進める企業には積極的に投資する傾向が見て取れる。

 ソフトバンクGの業績が再び上昇曲線を描くには、こうした企業の成長に加えて投資環境の好転などの要素が必要になる。

「しばらくは新規開拓には慎重になるでしょうから、現状を打破する方法は、SVFが巨額の資金を突っ込んだ投資先のどこかが昔のアリババのように“大化け”すること以外ない。これまで日本で世界規模の資本家になれた経営者は1人もいません。日本の将来のためにも孫さんには頑張ってほしいですが、現状はあまりにも悲観材料が目立ちますね」(経済ジャーナリストの大西康之氏)

 日本企業にありがちな安定や堅実性を重視する旧来型の経営者とは、一線を画す孫氏。“冒険投資家”の命運やいかに。

※週刊ポスト2022年6月3日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。