マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

『鎌倉殿の13人』で注目の「曾我兄弟の仇討ち」の背景 武士社会の「相続問題」が発端だった

2022年6月5日 11:00 マネーポストWEB

幼き頃より工藤祐経への復讐を心に定めていた曾我兄弟(写真:イメージマート)
幼き頃より工藤祐経への復讐を心に定めていた曾我兄弟(写真:イメージマート)

 これとは対照的に、運命の暗転に見舞われたのが河津三郎の2人の遺児である。実父を失ったとき、兄は5歳、弟はまだ3歳の幼児で、母の再婚相手の姓を取り、曽我兄弟と呼ばれる。母の再婚相手には後継者として内定済みの連れ子がおり、所領もさして広くなかったことから分割相続はあり得ず、母は曽我兄弟を仏門に入れるつもりでいた。

 けれども、兄弟は父の仇討ちを誓い合っていたことから、母の断りを得ることなく元服を遂げ、兄は十郎祐成、弟は五郎時致と称し、親戚の家を転々としながら、工藤祐経を討ち取る機会を待つ。一瞬とはいえ予告編に映っていたことから、6月5日放送予定の『鎌倉殿の13人』第22回では、逞しく成長した兄弟の姿が拝めるはずである。

仇討ちの裏にみえる相続の恨み

 仇討ちが決行されるのは建久4年(1193年)5月のこと。実のところ、事の起こりから結末に至るまで、史実として確認できる部分は極めて少ない。巷間に知られるストーリーのほとんどは、書籍としては14世紀後半(南北朝期)に成立したと見られる軍記物語の『曽我物語』に拠っている。

 中世の物語作品といえば、『平家物語』と『曽我物語』を双璧とするが、琵琶法師による語りを原型とする『平家物語』に対し、『曽我物語』は13世紀後半に成立した瞽女(ごぜ)による語りを原型とする。瞽女とは三味線を弾き、人家の門前で唄を歌うことで生活の糧をもらい受けた、目の不自由な女性旅芸人を指す言葉で、伊豆・箱根周辺に彼女らの一大拠点があったと考えられる。

 現代のわれわれは、父の仇討ちという点に注意を引かれがちだが、曽我兄弟の原動力はそれだけではない。父か健在であれば、兄弟のどちらか1人が家督と伊東荘を継ぎ、もう1人は京都に常駐することで、貧窮も共倒れも余裕で避けることができた。それが叶わず、2人とも居候として肩身の狭い思いを強いられたのは、すべて工藤祐経のせい。兄弟にとって祐経は、二重の復讐相手だったのである。

 ちなみに、兄弟の継父のように、所領の分割相続を避けた御家人は少数派だったようだ。大半は分割相続を重ねたあげく、借金で首が回らなくなり、質草として所領を手放す羽目に陥るか、幕府の統制に従わない武装集団「悪党」と化していった。

 のちの鎌倉幕府の滅亡を招いた要因は、2度にわたる元寇(13世紀後半)後の恩賞不足への不満ではなく、それ以前から続いた分割相続の繰り返しによる、既存の社会秩序の崩壊にこそ求められるだろう。

【プロフィール】
島崎晋(しまざき・すすむ)/1963年、東京生まれ。歴史作家。立教大学文学部史学科卒。旅行代理店勤務、歴史雑誌の編集を経て現在は作家として活動している。『ざんねんな日本史』(小学館新書)、『いっきにわかる! 世界史のミカタ』(辰巳出版)など著書多数。近著に『鎌倉殿と呪術 怨霊と怪異の幕府成立史』(ワニブックス)、最新刊に 『ロシアの歴史 この大国は何を望んでいるのか?』(じっぴコンパクト新書)がある。

 

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。