マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

快適クルマ生活 乗ってみた、使ってみた

スポーツカー好きが大興奮!「7代目フェアレディZ」に乗ってわかった本当の価格満足度

2022年8月9日 15:00 マネーポストWEB

 もちろんスポーツカーの味というのは、馬力やエンジン排気量などだけで決まるほど単純ではありません。すべての要素を複合的に組み合わせたトータルバランスによって実現した走りが、どうであるかが重要なのです。その点に注目して言えば、ここまでパフォーマンスを仕上げたからこその、あの楽しさ、この価格満足度はやはり魅力的なのです。

 コロナ禍の前、初代フェアレディZのデザイナーである故・松尾良彦さん(2020年ご逝去)と何度となくお会いしながら、開発時のお話をお聞きしていました。その中で、1960年代に開発中のフェアレディZでアメリカを走行中、警官に職質を受けたエピソードがありました。いろいろと警察官に質問を受け、なんとか放免になるとき「これほど高性能の車を、そんなに安く売ると言うなら必ず買うよ」と言われたとのこと。当時とすれば同程度の実力を持った欧州スポーツカーの半額近い値段だったそうです。そして実際にアメリカで発売すると、在庫を巡ってディーラ同士が奪い合いになるほどの大ヒット。もちろん最新の7代目フェアレディZも、お買い得というDNAも引き継いでいると考えていいでしょう。

【日産フェアレディZ】
ボディサイズ全長×全幅×全高:4,380×1,845×1,315mm
車重:1,590kg
駆動方式:FR
トランスミッション:7速AT
エンジン:水冷V型6直列DOHCターボ 2,997cc
最高出力:298kw(405PS)/6,400rpm
最大トルク:475Nm(48.4kgf・m)/1,600~5,600rpm
燃費:9.5km/L(WLTCモード)
車両本体価格:6,462,500円~(バージョンST・MT&ATとも/税込み)

【プロフィール】
佐藤篤司(さとう・あつし)/自動車ライター。男性週刊誌、ライフスタイル誌、夕刊紙など一般誌を中心に、2輪から4輪まで“いかに乗り物のある生活を楽しむか”をテーマに、多くの情報を発信・提案を行う自動車ライター。著書『クルマ界歴史の証人』(講談社刊)。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。