マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

相続税がかかるか否かを事前に判断 不動産や車の「評価額」を把握する方法

2022年8月12日 15:00 女性セブン

不動産や車など「時価」で評価される財産をどうやって把握するか(イメージ)
不動産や車など「時価」で評価される財産をどうやって把握するか(イメージ)

 どんな人でも、亡くなったときには必ず「相続」が発生する。とはいえ、基本的に遺産総額が「3000万円+(600万円×法定相続人の数)」を超えなければ、相続税はかからない。例えば、法定相続人が妻と子供2人の計3人なら、4800万円までは非課税になる計算だ。

 このように遺産総額を確かめれば、同時に相続税がかかるかどうかもわかるが、預貯金のように金額がはっきりしているものならともかく、不動産や車といった「時価」で評価される財産はどう判断すればよいだろうか。これも、事前に大体の評価額を把握しておくことは可能だ。

 建物は、年1回送られてくる固定資産税の納付書で評価額を確認し、土地は国税庁のホームページに毎年7月1日に発表される路線価に面積をかければ、おおよその評価額がわかる。ベリーベスト法律事務所の弁護士・田渕朋子さんが説明する。

「不動産評価額は変わっていくため、最終的な相続税評価額は国税庁の評価に従うしかありませんが、遺産分割の時点では、不動産は時価で評価されます。より時価に近い額を出すには、固定資産税評価は時価の7割、路線価は8割といわれているので、それぞれ割り戻す方法もあります。ただしあくまでも、相続の準備のための目安として考えてほしい」

 不動産会社で査定してもらうこともできるが、場合によっては、実際の評価額から大きく離れてしまうことも。

「不動産会社の査定には幅があるため、一義的に決まるものではありません。分割時にどうしても合意できなければ、家庭裁判所で鑑定を行うこともありますが、それには費用がかかります。

 車も、中古車販売店の査定には幅がある。顧客から“低く査定してください”と言われて簡単に“0円です”と評価するようなところもあるようです。中古車販売業者のウェブサイトの中には、型式や走行距離、経過年数などに基づいて価格を公表しているものもあるので、こうした情報を参考にした方がいい場合もあります」(田渕さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。