マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

金子恵美さんの前向き会話術 夫にかけた言葉は「世界中の人が敵になっても私は味方」

2022年9月20日 16:00 女性セブン

「答えにくい質問も随分されましたね」と振り返る金子恵美さん
「答えにくい質問も随分されましたね」と振り返る金子恵美さん

 政治評論家、妻、母など、いくつもの顔を使い分けながら、言葉を使った仕事を続ける金子恵美さんに、相手に合わせた会話のコツをうかがった。

議員時代は相手の意をくみ取る努力を

 衆議院議員を経て、現在はテレビなどで巧みな話術を披露している金子さん。議員時代は性別や年齢、立場の違う相手との会話に苦労したのではないかと思われるが……。

「自然体で話しつつも、常に相手の意向をくみ取ろうと、気遣いや観察を欠かさないようにしていましたね。年齢や党派の異なる人たちと話すことが多かった議員時代に培われた感覚だと思います」(金子さん・以下同)

 あらかじめ話す相手が決まっている場合は、事前にリサーチして臨むことはもちろん、さまざまな話題をふって、相手が興味を示すストライクゾーンを探すという。それがわかれば、あとはそこを徹底的に攻めればいい。

「会話は“水もの”ですから、思わぬ方向に流れ、それが私のよく知らない分野であることもあります」

 その場合は、聞き手に徹し、思いつく限りの質問を投げかける。

「相手に存分に語ってもらうことになりますから、語ったご本人には、“自分の意見をたっぷり聞いてもらった”と満足していただけることも少なくありません。これも効果的な会話術の1つといえるのではないでしょうか」

テレビや私生活では腹を割って自虐も

 テレビの情報番組では、私生活に立ち入ったトゲのある質問を投げかけられることも。たとえば2016年、当時衆議院議員だった夫・宮崎謙介さんが起こした不倫スキャンダルだ。

「答えにくい質問も随分されましたね(笑い)。嫌な質問には答えないというやり方もありますが、私の場合、必ず一度はそれを受け止めることにしています。ただし、できるだけ短時間で受け流し、その後で自分の主張をします」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。