家計

運用に回す前に確保しておくべきお金「3か月分の生活費」「5年以内に使う予定の定期預金」

投資について正しく知ろうとしない人の特徴5

投資について正しく知ろうとしない人の特徴5

 ファイナンシャルプランナーの大野高志さんは、予算は1か月、1週間などの短期で管理し、貯蓄はまとまった金額が必要になるまでの数年間といった長期で考えるべきだと話す。

「“子供の学費のために400万円貯める”と決め、それを達成したら“定年退職までに500万円増やしたい”と計画を立てるなど、貯蓄は長期的なライフプランと照らし合わせて設計するものです」

 具体的な目標を持たずにすぐにお金を増やそうとする人ほど、いくら貯めていいかわからず不安になったり、節約や貯蓄をあきらめたりしてしまう。その悪循環にだけは陥らないよう、気長に着実に、お金を管理してほしい。

※女性セブン2022年11月24日号

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。