マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

Googleの広告非表示サービス、ユーザーにとって有益なのか?

2017年6月16日 15:00

 お金を払って広告を非表示にするというこのサービス。果たしてお得なのだろうか。とあるITジャーナリストはこう分析する。

「スマホのアプリでは、無料版は広告が表示されて、有料版にアップグレードすると広告が非表示になるというパターンは多く、『Google Contributor』についてもサービスとしてはごく一般的なものだとも思います。ただ、現状12サイトしか参加しておらず、しかも月額5ドル(約500円)というのは、正直高いという印象です。

 広告を消すアプリでも料金は数百円程度が相場で、しかも1回支払ったらずっと広告が非表示になります。これがもし、ネット全体の広告が非表示になるというのであれば、月額5ドルでも納得できるネットユーザーは多いと思いますが、現状の機能と料金ではたしてどこまで普及するか」(以下同)

無料の「広告ブロッカー」のデメリットとは

 こうしたサービスを使わなくとも、インターネットを閲覧するためのウェブブラウザには「広告ブロッカー」という拡張機能も存在している。これを使って、無料でウェブ上の多くの広告を非表示化しているユーザーも少なくない。

「ChromeやFirefoxなどのブラウザでは、アドオンや拡張機能という形で、いろいろな機能を無料で追加できます。そのなかで広告非表示の拡張機能は特に人気が高く、多くの人が利用しています」

 広告が非表示になるということは、ウェブサイトの収入源が減ってしまうということになり、サイトの運営に影響も出てくる。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。