マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

丸亀製麺はうどん以外も凄い 280円「野菜かき揚げ丼」のボリューム感

2018年2月25日 16:00 マネーポストWEB

丸亀製麺の“自己流野菜かき揚げ丼”(右)は、かなりのボリューム感
丸亀製麺の“自己流野菜かき揚げ丼”(右)は、かなりのボリューム感

【※2022年1月追記:記事公開当時のタイトルは〈丸亀製麺はうどん以外も凄い 260円「野菜かき揚げ丼」のボリューム感〉でしたが、現在、「野菜かき揚げ」は130円→140円、「天丼用ご飯」は130円→140円になっており、記事タイトル内も「280円」に変更いたしました。本文は公開当時の価格のままにしています】

 うどんチェーンの最大手といえば「丸亀製麺」。国内で770店舗以上を構え、海外でも12か国で合計200店舗以上が展開されている。

「丸亀製麺は数あるセルフ式のうどんチェーンの中でも、ボリューム感が特徴となっているチェーンといえます。うどんメニューのサイズは『並』『大』『得』の3種類。いちばん小さい『並』が1玉で250g程度。麺のコシがあって食べごたえがあるので、たとえば同じ量のパスタを食べるよりも、ボリューミーに感じられると思います」(外食チェーンに詳しいフリーライター・小浦大生氏)

 ちなみに『大』は1.5玉で375g、『得』が2玉で500g程度だ。

「たとえば『明太釜玉うどん』であれば並が410円、『大』が510円、『得』が610円です。『得』は玉子や明太子の具も『並』の2倍になるのですが、値段的には麺の分だけの上乗せなので、具の分だけお得だといえるでしょう」(小浦氏)

 そんな『明太釜玉うどん』の『得』を定期的に食べているという、30代の女性Aさんはこう話す。

「とにかく量を食べたい時には『得』。ただ、だんだん味に飽きてくる。無料トッピングのネギと天かすを別皿に取っておいて、後半になったら足して味を変えたりしています」

「天丼用ごはん」と合わせて自己流天丼が楽しめる

 丸亀製麺でボリューム感があるメニューはうどんだけではない。天ぷらもボリューミーだ。

「全体的に天ぷらメニューも大きめなんですが、特に大きいのは『野菜かき揚げ』(130円)です。直径にして15cmくらい、高さ5cmくらいのかき揚げで、うどんが入った丼には、乗せきれないくらいの大きさ。ふんわりと揚がっていて、かぶりつくには大きすぎるので、うどんのつゆにつけたり、お皿のうえでほぐしたりしてからのほうが食べやすいです」(小浦氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。