中川淳一郎のビールと仕事がある幸せ

ライターの仕事獲得は東京が圧倒的に有利、残念だが仕方ない

予算の前に「腕」は及ばない

 しかし、予算の都合上そんなことはできません。となれば、その大阪のライターより腕は劣るものの総予算を下げることができる東京(ないしは近郊)のライターに話が来ることになるのです。

 最近はネット系企業もメディアを多数立ち上げていますが、そうした企業が立地するのは渋谷や新宿が多いです。打ち合わせにしてもこうしたエリアでやることになるので、そこに参加する融通をつけやすいライターに話がいきます。

 また、ライターの仕事というものは「明日だったら〇〇社長が時間を作ることができるらしい! 誰か取材行けないか!?」みたいなことも案外多いです。そんな時に「オレ大丈夫です!」と言えるフットワークの軽さも「あいつは使い勝手がいい」みたいな感じで売れっ子のライターになる要因の一つだったりもします。

 日本の文字コンテンツの発火点が「東京偏重」ともいえる状況にある今、案外「場所」は重要です。ライターの速水建朗さんと同氏の著書『東京どこに住む? 住所格差と人生格差』をめぐり対談をしたことがありますが、同書には「どこに住むかで人生が変わる」といった記述がありました。

 私はここ17年、常に渋谷周辺を拠点としておりますが、速水さんは「それこそ仕事が続く理由じゃないの? 中川さんは一貫して渋谷周辺に居続け、渋谷の企業との関係を深めてきた。だから仕事がある」と私に指摘をしました。確かにそうだと思います。渋谷という文字コンテンツ需要がたくさんある街を拠点とすると、そうした企業との付き合いが深くなるのです。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。