マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

57才で若年性認知症と診断された66才男性が過ごす「充実した毎日」

2019年6月10日 16:00

若年性認知症について講演活動も行う近藤英男さん(左)

若年性認知症について講演活動も行う近藤英男さん(左)

 65才未満で発症する若年性認知症は高齢者のそれとは違う課題がある。近藤英男さんは働き盛りの57才の時に認知症と診断され、人生の道は急カーブを切った。それでも今、毎日が充実しているという。女性記者Nが、近藤さん、そして妻・小夜子さんに話を聞いた。

 * * *
「認知症と診断されたのは57才の時ですが、その2~3年前から独り言やため息が増え始め、心配はしていました」(妻・小夜子さん)

 神奈川県在住の近藤英男さん(66才)は当時、バリバリの営業マンだったが、ミスが続き、簡単な事務処理にも時間がかかるようになっていた。

 うつを疑い、心療内科を受診したが改善せず、56才で営業職を外された。その後、会社の人のすすめもあり、認知症外来を受診して初めてアルツハイマー病と診断された。

「それはショックでしたよ。そんなはずはないと思ったけれど結果がそう出ていた」と、近藤さん。9年たった今、記憶障害は進んだが、告知の衝撃は胸に刻まれている。

「ただ、同時に“認知症”という世界に興味も抱いたんです。なってしまったのだから先へ進むしかない。自分の知らない世界をのぞいてみようじゃないかって…まあ、うろ覚えなんですけど(笑い)」

 近藤さんが当時の心境を語る言葉はとても明瞭だ。

「あの頃は情報がなく相談先もわからず。とにかく夫の元気な部分を維持しようと必死で、絶望しているヒマはなかったです」(小夜子さん)

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

月20万円稼ぎ続ける自動売買系FXに新展開 メキシコペソに妙味あり
トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。