マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

祖父母は孫に甘すぎる? 子供のお小遣いを親が管理する意味

2019年6月23日 7:00

 では、誰からもらっているのかをたずねると、親からが89.6%、祖父母が23.2%。約4人に1人の小中学生が祖父母からお小遣いをもらっているという結果に。また、金額については全体の1か月の平均額が2036円。親からもらう平均額が1892円、祖父母からの平均額は2869円で、祖父母からもらう金額は約1.5倍だという。学年別では、親からもらう定期的なお小遣いの1か月の平均は小学生が1507円(祖父母からの平均は2436円)、中学生が2298円(祖父母からの平均は3500円)となった。

 やはり、祖父母からのお小遣いは総じて金額が高いようだが、なかには無駄遣いを気にする声も。小学生の一人っ子の母である遠藤さん(仮名・40代)もその一人。

「うちは、私の両親と2世帯で住んでおり、子供のお小遣いは私の両親が渡しています。最初は“助かる”と思っていたのですが、どうも祖父母というのは子供に甘すぎるんですよね。定期的なお小遣いはもちろん、そのうち私の知らないところで臨時のものまで渡すようになり、お金のありがたみが薄れているような気がして……。ですから、お小遣いの管理は私がするようにして、甘やかしすぎ、無駄なお金の渡しすぎといったことを監視するようにしました」

 お小遣いの使い道は子供の自由と考える人が多いのか、同アンケートでもお小遣いの管理は子供自身がしているというケースが77.5%という結果だった。具体的な管理方法については「貯金箱」や「財布」で管理しているという定番の方法のほか、「スイカにチャージ」というものも見られた。

 しかし、「お小遣い帳は子供が管理しているが、財布は親が管理」(男子中学2年生)や、「子供の財布を親が預かっており、必要な時に財布を渡している」(男子小学5年生)というように、事実上親が管理して無駄遣いを防止しているケースも少なくないようだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。