家計

老後に本当に2000万円必要か? 実際の年金生活夫婦の暮らしぶりを見ると…

高齢者向職世帯の1か月の実支出

高齢者向職世帯の1か月の実支出

サラリーマン家庭であれば悲観することはない

 実際の年金生活者はどんな暮らしをしているのか。関西の都市部に住む山崎弘之さん(仮名・71才)の例で見てみよう。

 従業員200人ほどのメーカーで65才まで働き、妻の陽子さん(仮名・69才)は29才まで信用金庫に勤務して、その後、長男が生まれてからは派遣社員として週4日ほど働いていた。

 現在、弘之さんが受け取る厚生年金は月約21万円、陽子さんは月約12万円だ。山崎さん夫婦は夫が65才まで働いたほか、妻も働いていたので年金が月合計約33万円と、平均年金受給額より多めになった。とはいえ特別ぜいたくな暮らしをしているわけではない。

「月々の生活費は食費や光熱費、携帯電話代に生命保険代や医療保険代などで最低でも20万円は必要。医療費と健康食品代が1万円程度。孫たちへのお小遣いや進学祝いもありますし、この年になると親戚や知人に亡くなる人も多く、冠婚葬祭のお金もかさみます。そこに私の美容院代など、もろもろ合算すれば、月30万円を超える出費になります。

 本は図書館を利用して、衣服を買うことはめったになくなりました。健康のために夫とふたりで、毎日30分のウオーキングも欠かしません」(陽子さん)

 かといって、節約一辺倒なわけではない。

「ふたりとも食べることが大好きなので、月に1回は大阪や京都へおいしいものを食べに出かけますし、年に1回は温泉旅行にも行きます」(陽子さん)

 生活にメリハリをつけ、自分たちの生きがいにつながる楽しみは維持している。そんな山崎さん夫婦の老後の支出が、大きな減少につながったのは住宅ローンの完済だった。

「夫の退職金で、住宅ローンの残額1200万円ほどをすべて返済しました。中小企業なので退職金もそれほど多くはなくローンを完済したら貯金は500万円ほどになりましたが、ぜいたくを望まなければ老後の生活に困ることはありません」(陽子さん)

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。