家計

老後に本当に2000万円必要か? 実際の年金生活夫婦の暮らしぶりを見ると…

 前出の森田さんは「住宅ローンの取り扱いは老後を左右します」と指摘する。

「老後の支出のうち大きな割合を占めることが多い住宅ローンを完済しておけば、月々の支出を大きく減らせます。完済は無理としても、できるだけ金利の安い住宅ローンに借り換えておくなど、手を打っておくといいでしょう」(森田さん)

『老後破産しないためのお金の教科書』(東洋経済新報社)の著者で、久留米大学商学部教授の塚崎公義さんは「一般的なサラリーマン家庭であれば、老後をそれほど心配する必要はありません」と指摘する。

「標準的なサラリーマン夫婦がもらう厚生年金は月22万円(妻が専業主婦の場合)ほど。一般的なサラリーマンはクビになるリスクが少なく、さらに退職金ももらえます。日本のサラリーマンはすごく恵まれているのです」

 実際、大企業の大卒総合職の標準者退職金は2255万円に達する(経団連「2018年9月度 退職金・年金に関する実態調査結果」)。中小企業でも退職金は1203万円だ(東京都「中小企業の賃金・退職金事情 平成30年版」大学卒のモデル退職金より)。

 森田さんも続ける。

「老後に旅行や趣味を心ゆくまで楽しみたい人は貯蓄を、ということで、2000万円の貯蓄がなくても、サラリーマン家庭であれば悲観することはありません」

※女性セブン2019年8月1日号

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。