マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

老舗ステーキチェーン「フォルクス」、新興店にはない食べ放題の魅力

2019年7月28日 15:00

フォルクスの「スペシャルディナーセット」の「スペシャルロインセット 熟成サーロインステーキ200g (3種のバー&ドリンク付き)」
フォルクスの「スペシャルディナーセット」の「スペシャルロインセット 熟成サーロインステーキ200g (3種のバー&ドリンク付き)」

 近頃は「いきなり!ステーキ」に代表される量り売りの新興ステーキチェーンが人気となっているが、国内で展開するステーキチェーンと言えば、もともとはファミリーレストランタイプが主流だった。外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏はこう説明する。

「『ステーキのどん』や『ステーキハンバーグ&サラダバーけん』など、主に幹線道路沿いに店舗を構えるチェーンが多く、自家用車で来店するファミリー層がメインターゲットでした。このファミレスタイプのステーキチェーンの先駆けとなったのが、『フォルクス』です」

 1970年にスーパーマーケットのダイエーの外食事業として1号店がオープンしたフォルクス。現在は吉野家ホールディングスの傘下となり国内40店舗を展開している。

「フォルクスの最大の特徴は、すべてのメイン料理にサラダバーがついていること。ステーキを楽しむだけでなく、お好みのサラダをたっぷり楽しめるという点が人気の理由となっています」(小浦氏)

 フォルクスの大ファンだという都内在住の会社員の男性Aさん(30代後半)は、こう話す。

「フォルクスに行く最大の目的は、サラダバーです。野菜をたっぷり食べたい時は、必ずフォルクスに行きます。さらに、セットメニューでスープバーとブレッドバーも頼むので、とにかくいろいろなものをお腹いっぱい食べられます」

 フォルクスの定番メニューとなっている「スペシャルディナーセット」の「スペシャルロインセット 熟成サーロインステーキ200g (3種のバー&ドリンク付き)」は3080円(税抜き、以下同)だ。この価格で、200gのサーロインステーキに、サラダバー、スープバー、ブレッドバー、ドリンク1杯がついてくる。

「1回の食事で3000円以上かけるのは高いような気もしますが、サラダを好きなだけ食べられるということやドリンク込みであることを考えると、コスパは悪くないのではないでしょうか。サラダバーには、ポテトサラダやフルーツなんかもあって、味の変化も楽しめます。パンの種類も豊富だし、タイミングによっては焼き立てを食べられることもある。スープも3種類くらいはあって、飽きません。

 普通のファミレスで本当にお腹いっぱい食べようとすると、結局3000円くらいは余裕で超えてしまいますからね。コスパがいいという感覚です」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。